AppleTree P2Pクラウドレンディングにおける説明責任と信頼の構築

透明性を重視

AppleTreeの分散型P2Pクラウドレンディングプラットフォームは、プラットフォームに参加する借り手と投資家/貸し手の両方が情報を利用できるようにすることで、透明性をさらに高めます。すべての参加者は過去と現在のトランザクションを表示でき、すべてのアクティビティを完全に開示できます。新しいトランザクションが発生するたびに、ネットワーク全体にブロードキャストされます。やりとりは公共かつ共有されるものであり、システムを制御する単一の仲介者は存在しません。


プライバシーを重視

スマートコントラクトと組み合わせたブロックチェーンは、機密情報を第三者に提供する当事者をすべて保護します。投資家/貸し手の身元には仮名を使うことができます。この要素と相互作用を保護するための公開鍵暗号化の使用を組み合わせることで、投資家/貸し手だけでなく、AppleTree分散型P2Pクラウドレンディングプラットフォームの借り手に対するプライバシーが確保されます。貸し手は、自宅の住所や電話番号などの無関係な個人情報を添付することなく、直接借り手に資金を送金します。資金の金額のみが他の取引参加者に示されます。


信頼性を重視

ブロックチェーンは、ブロックチェーン元帳の完全なコピーはすべてのアクティブノードによって維持されるため、信頼できると考えられています。そのため、1つのノードがオフラインになった場合でも、ネットワークの参加者なら元帳をすぐに利用できます。AppleTreeのシステムの信頼性は、システム全体のトランザクションに関する情報を共有・保存することによって確立されます。自動対策を容易にすることで手作業による介入の必要性を最小限に抑え、人的ミスのリスクを大幅に削減できます。


柔軟性を重視

AppleTree P2Pクラウドレンディングプラットフォームでのローンの取得や資金の投資は、銀行や従来のP2Pレンディングプラットフォームよりも比較的簡単です。投資家と借り手は、いつでもプラットフォームから資金、収入、ローンを引き出すこともできます。これはすべて、政府の介入のない安全でセキュアな環境で行われます。


整合性を重視

ブロックチェーンのデータは本質的に変更しにくい設計となっています。ブロックチェーン台帳は不変なので、データの追加またはトランザクションが行われた場合、その編集や削除はできません。データの整合性は、トランザクションのピア検証と公開鍵の暗号化による直接的なやりとりを促すことで保護されます。そのため、AppleTree P2Pクラウドレンディングプラットフォームを使用する貸し手や借り手はすべて、ブロードキャストされたトランザクションの正確性を事前定義された一連のルールに基づいて検証できます。


不変性を重視

グローバル台帳におけるトランザクションの不変性は、AppleTree P2Pクラウドレンディングネットワーク全体で信頼を構築する上での重要な機能です。ブロックチェーン技術を使用して構築されたデータベースは、ブロックチェーンに追加されても変更されず消えないように設計されています。そのため、AppleTreeで使用される不変のトランザクションにより、単一のエンティティがネットワーク全体に保存されているデータを操作、置換、または改ざんすることを不可能にします。不変性により最高レベルの信頼性とデータの整合性が可能になるだけでなく、P2Pレンディングネットワーク全体の全体的な効率も向上するのです。