ブロックチェーンとP2Pレンディングプラットフォーム

ブロックチェーンとピアツーピアレンディングプラットフォームのビジネスモデルは自然な組み合わせと言えます。P2Pレンディングプラットフォームは、ブロックチェーン技術(暗号通貨とスマートコントラクト)を利用して新しいビジネスモデルを作成し、貸し手と借り手間の信頼関係に依存しないトランザクションを可能にします。

ブロックチェーンのピアツーピアレンディングは、オンラインプラットフォームを通じて投資家/貸し手と借り手を結び、スマートコントラクトを促進します。このプロセスに関与する3つの主な仲介者は次のとおりです。

  • •  貸し手(投資家)は、プラットフォーム上のローンに余剰のキャッシュフローを投資し、元本と利息を受け取ります。
  • •  オンラインP2Pプラットフォーム は、暗号通貨、ブロックチェーン、スマートコントラクトを利用してトランザクションを仲介します。
  • •  借り手 (個人または企業)は融資を受け、その代わりに融資額に対する利息を支払います。

ブロックチェーン技術により、ピアはデータベースのサポート基盤となるコードの開発に参加して、参加者たちが独自のコードと機能を開発・配布できるオープンで用途の広いシステムを作成できるので、スマートコントラクトの作成が可能になります。これは契約の条件を自動的に満たすようにプログラムされたコードに基づくもので、P2Pレンディングでの貸し手と借り手の間の契約上の合意となります。

ピアツーピアレンディングでブロックチェーン技術を使用する主な利点は、P2Pレンディングのプロセスから仲介者や規制を排除できることです。仲介者と規制が必要であると、従来のピアツーピアレンディングのプラットフォームでのトランザクションに、追加のコストと時間の要件、セキュリティの問題による影響が生じます。