ピアツーピアレンディング業界の進化

2005年から2006年に英国と米国で始まったピアツーピアレンディング業界は過去10年間で多くの国で広がっており、中国で最も急速に広がっています。P2Pレンディングは、ヨーロッパではクラウドレンディング、または北米ではマーケットプレイス・レンディングとも呼ばれますが、これらの用語はすべて同じ現象である「クラウドレンディング」または「ソーシャルレンディング」を意味します。P2Pレンディングプラットフォームは、資金調達プロセスの借り手側と貸し手側の間のやりとりを可能にします。適切に機能する市場を構築するにあたり、プラットフォームにおける最も重要な2つの仕事は、借り手と貸し手を募集し、ルールと契約条件を設定することです。市場形成に加えて、主要な機能にはローン処理やコミュニティの構築に貢献する活動も含まれます。

P2Pレンディング業界は独特で、その特徴は貸し手も借り手も取引関係から利益を得ることです。借り手は必要なお金を安全に受け取ったり適時にサービスを受け取ったりすると同時に、P2Pプラットフォームにお金を投資する投資家/貸し手は、金融の取引高と魅力的な年会費から実際の利益を得ます。このような利益は既存の銀行から提供されることはなく、P2Pプラットフォームにお金を投資することのみで得られると言えます。

従来のピアツーピアレンディングにおけるプラットフォームの主な収入源は、借り手に請求される取扱手数料、貸し手に請求される返済料金、またはローンの一部取引や遅延手数料などの料金です。P2Pレンディングプラットフォームが収益を得る方法は、プラットフォームのビジネスモデルと投資の構造に寄るところが大きいです。P2Pレンディングプラットフォームは過去10年間で、少数の新興企業から急成長する数十億ドル規模の産業へと進化しました。

P2Pレンディングが提供する利点と、成長したら1兆ドル規模の業界に達するとしている専門家の予測にもかかわらず、P2Pレンディングは主流の財源としての目標の実現にはまだほど遠いです。実際、この部門は債務不履行率、詐欺、規制問題に悩まされており、詐欺のためにオンラインP2P貸付だけでも問題が10%以上も増えてきています。

ブロックチェーンが分散型台帳技術を利用してプロセスの安全性と信頼性を高めるのに役立つのはこの点です。ブロックチェーンは財務の透明性の新時代の到来を告げ、適切な行動を促します。ブロックチェーンを使用すると、当事者双方がトランザクションを効率的かつ不変、および検証可能な方法で記録できます。不正アクセスに対する強力な障壁を提供するので、P2Pレンディング業界の急速な成長と拡大を脅かす最大の問題のひとつである詐欺を防ぐ強力な助けとなります。P2P融資プラットフォームは、金融データや契約などのデジタル資産をブロックチェーンに配置することで、借り手と貸し手、およびプラットフォーム間の透明性を回復しながら、詐欺や個人情報の盗難の問題を抑制できます。2019年以降、主要な銀行や金融サービスは、グローバルな決済ネットワークの構築など、さまざまな方法でブロックチェーン技術を採用し始めています。